注文住宅STYLE工務店と建築家のおうちの創り方

家と本

工務店を選ぶこと

工事現場が最大のモデルハウス

住宅を建築するのはどんなに大きなハウスメーカーであっても設計事務所で契約した場合であっても地元の職人です。こうした職人が直接顧客と契約するのが工務店です。ですから工務店の規模は通常比較的狭く施工が可能な地域も限られています。そして工務店は営業規模が小さいので自社でモデルハウスを持っている会社は非常に少ないのです。工務店のモデルハウスというのは実際に契約した顧客がいる工事現場となることも多いのです。しかしこの工事現場が非常に重要なのです。ハウスメーカーなどのどんなに豪華なモデルハウスよりも実際に施主がいる建築中の住宅のほうが参考になるのです。どんな人が作業するのか、どのような作業をするのか実際に目で見ることができます。広告宣伝をあまりしない工務店にとっては自社をアピールするもっともよい空間なのです。ですから工務店で住宅の購入を検討している人は工事中の現場を見せてもらうことで建築会社を判断することも出来るのです。

現場のきれいさは職人の腕の良さ

工務店というのは現場で作業をする職人さんを直接雇用している建築会社です。中には工務店と名前がついていて雇用形態が異なる会社も存在しますが一般的には自社で職人さんを抱えています。ですから職人さんは工務店を判断する重要な基準の一つなのです。どんなに頑丈で思い通りの間取りが完成しても実際の住宅がその図面通りに施工されていなければ何の意味もありません。図面通りに施工された家でも職人さんの腕次第では美しい仕上がりになることもあればちぐはぐな仕上がりになることもあります。職人さんの腕を判断する一つの基準が現場のきれいさです。職人さんにしてみれば現場を常に保つことは一見すると無駄な時間がかかるというデメリットはあっても何のメリットもないことです。しかし現場をきれいに保つことができる職人というのは些細なところにも気が付く腕の良い職人が多いのです。反対に現場の汚い職人で腕の良い職人というのは非常に少ないといえます。